白山水系 いわな・やまめ 白山麓で渓流釣りを楽しまれる方へ…

石川県白山白峰漁業協同組合

石川県白山白峰漁業協同組合

漁区図遊漁券についてアクセス

プレスリリース

平成30年3月22日 北國新聞朝刊

無斑イワナの剥製完成

白山水系の固有種 白峰漁協、来月公開

新聞記事

 白峰漁業協同組合(白山市)は、白山水系の最上流部にのみ生息する固有種で、市天然記念物に指定される無斑イワナの剥製を初めて作った。子どもたちの放流体験会などに活用し、霊峰で生まれた「幻の魚」に親しんでもらう。
 剥製は昨年9月まで白峰で飼育されていた体長37センチの個体を使用した。漁協によると、白山在来型の無斑イワナは体が銀白色で、通常のイワナが持つ斑模様がない。標高1100メートル付近の牛首川の源流域に生息し、地元住民でもほとんど見たことがないという。
 剥製は4月29日から、白峰の飲食店「お食事処 小右衛門」内のギャラリーで、漁協の鶴野俊哉理事が自作した紹介パネルとともに公開される。加藤唯央理事は「このイワナは顔つきが上品で、体の白さも美しい。白山手取川ジオパークの魅力を高める材料にもなるはずだ」と話した。


写真キャプション

完成した無斑イワナの剥製を手にする加藤理事 =白山市白峰


(以上原文引用)



記事一覧

◆平成30年5月5日 北國新聞朝刊
加賀竿 欧米市場釣る 強度高め大物対応
◆平成30年3月25日 北國新聞朝刊
テンカラ釣り用 伝統技法で毛針
◆平成30年3月22日 北國新聞朝刊
無斑イワナの剥製完成
◆平成29年3月13日 北陸中日新聞朝刊
渓流釣りPRリーフレット
◆平成27年9月7日 北國新聞朝刊
白山のイワナ保存へ紙芝居
◆平成27年5月26日 北國新聞朝刊
北國風雪賞 一隅を照らす 白峰漁協前組合長 鶴野俊一郎氏
◆平成26年8月25日 北國新聞朝刊
環境保全 マークで啓発
◆平成24年3月31日 北國新聞朝刊
白山のイワナ守る

石川県白山白峰漁業協同組合

〒920-2501 石川県白山市白峰へ9-2 TEL/076-259-2035

All Rights Reserved. Copyright (C)2009 白峰漁業協同組合.