想い出の駅

このページは子供の頃の懐かしい思い出を備忘録として作ってみました。


加賀笠間駅

加賀笠間駅の官舎には昭和24年から30年までの6年間住んでいました。そのため小学校入学は石川郡笠間村立笠間小学校です、2年生までいました。



 左の写真は、昭和28年か29年の4月、桜満開の時期に写真の得意な駅員さんか写真屋さんが撮ったものです。
 当時駅前には大きな桜の木が数本あり、これは駅から見て一番左側にあった一番大きな木に登って撮ったものでしょう。
 満開の桜の花が写っています。

こちらは昭和50年頃の撮影です。
駅舎はほとんど変わっていません。
駅裏はごらんのとおりまだ一面田んぼです。
今は住宅が建ち並びこの地点からは駅は見えません。




津幡駅

津幡駅は北陸本線と七尾線の分岐駅です。
前の加賀笠間駅と比べると駅の規模も大きく駅員も50人ほどいたと思います。
待合室には売店もあり、子供用の月刊雑誌などはほとんど揃っていました。
発売日になるとお金を握りしめて雑誌「少年」を買いに行きました。
小学3年生から5年生までここの官舎で暮らしました。
当時は倶利伽羅峠用の補機E10もいました。
北陸本線から七尾線直通の客車もあり、ここで引き渡ししていました。


昭和54年ころの津幡駅



昭和31年の津幡駅構内です。左は煙を上げているのは上り貨物列車を牽くD50です。
右は駅官舎前から撮った上りの客車を引くC57です。
機関車の向こうの地肌が見えるのは国道8号線新設工事で山肌を削り取った跡です。
山一面は大昔の墓地だったらしく人骨の屑がいっぱい散らばっていました。
その右手には長い階段の神社があり、お祭りのときの相撲大会に出ました。




TOPに戻る