その2


真夏の尾小屋行

窓も扉も開けっ放しの下校時の列車、満員です。運転士の周りも人人人・・・。熱気ムンムンです。

新小松駅発車


新小松行き発車!

 尾小屋駅を出てこれから一気に山を駆け下り新小松を目指します。
横にはSL時代の名残の給水塔があります。
この給水塔は駅から離れていますが自然の山水を利用していたのでしょうね。


中間駅

 山間の小さな駅ですが尾小屋鉄道の中間に当たり駅員も常駐しており、
晩年はここでのみ列車交換をしていました。


金平駅正面と置いてけ堀のホハフ2

 この日は雨、朝に尾小屋行から切り離されたホハフ2が夕方の新小松行きが迎えに来てくれるまで一人寂しく待っています。


金平駅での交換

尾小屋行のキハ2と新小松行きのキハ1の交換です。
金平駅は右側通行でした。



交換後それぞれに別れて終着駅に向かいます。
ポイント操作の駅員さんが珍しそうにこっちを見ています。



尾小屋からDC121がキハ1を引っ張って山から降りてきました。なぜ機関車がジーゼル車を?



雨に煙る金平駅留置線

 何を隠そう左のスバル360DXは私の初代マイカーです。
当時としては走りも良くお気に入りでした。
ホントは新発売のホンダN360が欲しかったのですが人気車種で納車は6ヶ月後ということで待ちきれませんでした。



尾小屋鉄道1へ戻る
TOPに戻る