タイトル

保育園の概要
概況
保育の理念
沿革
ご意見と対処

保育の詳細
保育時間
延長保育料金

保育園の生活
組名紹介
園児の1日
年間行事
食事について

先生たちのブログ
※別ウィンドウで
 表示します

トップページ


【概況】
名称 幼保連携型認定こども園 林中こども園
所在地 〒924-0842
石川県白山市剣崎町881-3
地図 地図を見る
TEL (076)276-2140 FAX (076)276-9140
設置 社会福祉法人 松南福祉会 建物構造 鉄骨造陸屋根2階建
園長 下田 佳美 敷地面積 4142.38㎡
定員 1号認定12名
2・3号認定178名
計190人(令和3年4月1日~)
建築面積 1353.76㎡
職員構成 園  長:1名  主幹保育教諭:2名
保育教諭:30名以上
栄養士:1名  調理員:4名      看護師:3名
用務員:1名  事務長:1名
環境 真っ青な空に雄大な白山を眺め、のどかな農村地区に位置します。
周辺には田園も広がり、散歩のコースも変化に富み、小さい子から
大きい子たちまで自然に触れてあそぶ機会に十分に恵まれています。

【理念】
保育の理念 林中こども園は

誰もが『生きるよろこび』を感じる場所。

私たちは

多くの人とのふれあいと

さまざまな経験を通して

認め合い、育ち合い、

自分らしく輝ける未来へとつなげます。

一、一人一人のありのままを認め、笑顔と愛情をもって関わります。
一、さまざまな経験を通して、子どもたちの可能性を育みます。
一、人と人との出会いを大切にし、信頼の輪をひろげます。
一、一歩一歩前向きにあゆみ、子どもたちの明るい未来への道しるべとなります。

自分らしく輝く未来へ -今、できること
林中こども園
基本方針 健康で安全な環境を整えて、子どもたちが安心して満たされた生活が
できるようにします。
一人一人の子どもとの暖かいふれあいを大切に、発達の個人差を
見極めながら、健やかな成長を促すようきめ細かい個別の援助を心がけます。
豊かな自然の中で、様々な遊びや体験を通して、人に対する愛情や
信頼感、自主、協調の心を育みます。
子育ての方法を知らせたり、相談に応じ、一緒に考え楽しく子育てが
できるよう家庭保育を支援します。

【沿革】
昭和 53年 4月 社会福祉法人林中保育園開園
初代理事長 松田 外吉 就任
   58年 二代目理事長 川端 邦夫 就任
平成 元年 山島保育所受託経営
   6年 乳児保育開始
   7年 三代目理事長 西村 勲 就任
   8年 和太鼓を保育に取り入れる
   9年 四代目理事長 本多 利男 就任
産休明け保育・病後児保育開始
   12年 延長保育開始
   16年 病後児保育(在宅保育)開始
   17年 松南福祉会に名称変更
松任市山島保育所の経営を移譲され、山島保育園と名称変更
マイ保育園事業開始
   18年 マイ保育園みんなで子育て 応援事業開始
   19年 五代目理事長 吉崎 吉規 就任
   28年 幼保連携型認定こども園 林中こども園 開園
令和 2年 山島こども園を山島福祉会へ経営移管
園舎増築


現況報告書はこちらから


【ご意見と対処について(令和4年度)】
午睡時の排泄、対応と対策について
内 容 対 応
 子どもが午睡時に目を覚ました時に「トイレに行きたい」と訴えたが、「もう少し待っててね」と伝えたため、トイレに行くことができず、その場で排尿してしまった。
 午睡時の失禁が少なくなってきているので、自信につなげていけるように、子どもの思いを汲み取っていく対応をお願いしたい。
 午睡中の本児に対する対応や引継ぎが十分に行われていなかったことで、適切な対応ができていなかったことを謝罪する。
 午睡時の対応について周知し、本児だけでなく他の子に対しても午睡中の適切な対応ができるよう共通理解を図った。
園児の自信に繋げる対応をするべき場面でもあるため、園児の声を余さず聞き取れるようにすることも、併せて周知した。
園児への注意の対応について
内 容 対 応
 子どもが担任の保育教諭より、午睡時に寝ている友達を起こしたり大きな声を出したりするため注意されたり、荷物を廊下に投げられたりした、という話を聞いた。友達とケンカになって嫌な思いをした時も、本人ばかり怒られて、他の子は担任から注意されていないという話も聞いた。園に行きたくないと訴えるのはそのことからではないか、実際のところはどうなのか。  保護者と担任と話し合う機会を持ち、保育教諭は荷物を投げたのではなく廊下に置こうとしたところ手から荷物が落ちた状況が投げられたように見えてしまったことを伝えた。
 園児や保護者が不安にならないよう、必ず言葉で伝え、園児に伝わる分かりやすい言い方や、本児の思いに耳を傾ける機会を心掛け、安心して過ごせるようにしていくことを徹底する。
早いお迎え時間のお願いについて
内 容 対 応
 バス通園をしていたが、園でコロナ感染者が出た頃、園からのお願いで早めの時間にお迎えに行っていた。
 コロナ感染者が落ち着いたので、いつからバスの利用を再開できるか園側からの連絡を待っていたが、いつからバスを利用するの?と担任以外の職員に逆に聞かれ驚いた。
 園でコロナ感染者が出た頃、メールで早めのお迎えを全児にお願いしていた。バス通園利用者にも協力していただいていたが、園からお願いしていたにも関わらず、ご連絡を失念してしまった事を謝罪する。
 保護者に対しては、今までの登園方法に合わせた対応を職員で共有したうえで、情報発信していくことに努めていく。
怪我の連絡の見落としについて
内 容 対 応
 降園時に目の下に傷ができていることに気付いたが、連絡帳や口頭で担任から説明がなかった。どのような状況だったのか。  園児の怪我に対する対応が不十分であったことを謝罪する。保育中はもちろん、登降園時に身体に怪我がないかもチェックしていくことや、怪我をしてしまった場合は、連絡帳に記載し、口頭でも怪我の状況説明をきちんと伝えるように努めていくことを職員間で共通理解した。
園での体調の観察と連絡について
内 容 対 応
 眼科に通院しており、日中の眼の状態によっては園児を眼科に通院させたい為、電話してほしいと連絡帳に記載した。しかし、園側からの電話もなく、連絡帳の返答も何もないままであった。降園時にも口頭での説明がなかった為、どのような状態だったのか知らせてほしい。  園からの連絡が行き届かなかったことや、連絡帳の記載漏れを謝罪する。
 連絡帳は子どもの情報を保護者と交換するうえで大切なものであるため、登園時に行っている連絡帳のチェックを入念に行い、必ず返答をすることなど努めていくことを職員間で共通理解した。
コロナ禍でのマスクの着脱について
内 容 対 応
 子どものマスクがいつ外せるのか気になっている。 マスクによる熱中症の不安の為であるが、全員一律ではなく、マスクを外すことに不安のある子は付けてきたらよいのではないか。  新型コロナウイルス感染症の流行が続いていることから、3~5歳児のお子さんにはマスクを着用しての登園のご協力をお願いしている。令和3年2月にお便りを配布している。
(基礎疾患などの理由でマスクの着用が難しいお子さんは連絡帳などでお知らせいただくことも含む)
 そういった中、体を動かして遊ぶ時や屋外での活動の際には、熱中症予防や体調の変化の早期発見の観点から、マスクを外すように促している。場面に応じてマスクの着脱について声掛けを行っているが、マスクを外して過ごしても良いことや、園内(クラス内)での感染症流行時や園児の体調などにより、マスクの着用をお願いすることもあることをお伝えした。
荷物の持ち帰り間違いについて
内 容 対 応
 別の園児の尿で汚れた服を間違えて持ち帰ってきた。他のお子さんの汚物なので気をつけてほしい。  感染症予防の観点からも、他の園児の荷物を間違えて持ち帰らせてしまったことを謝罪した。
現在、身の回りのことを自分でしようとする姿を受け止めて関わっているが、子どもの姿を見守りつつも間違えて違うところに入れていないかの最終確認は保育者がするべきである。所持品の持たせ間違いがないように、職員間で確認する事を共通理解とする。


Copyright