石川総線の中心 鶴来駅

 石川総線とは石川線、金名線、能美線を総合しての名称でした。松金線も入っていたのかも。
 でも今は石川線以外はすべて廃止され、石川総線という表現は必要なくなりました。
 当時鶴来は交通の要衝で山間部からの貨物集積地としても賑わっていました
。駅舎も立派なもので現在もほとんど変わっていません。

昭和52年10月

この当時鶴来駅には金沢野町方面、白山下方面、新寺井方面電車がホーム3本を使い発着しており活気がありました。


 昭和52年当時の鶴来検車庫です。
 昭和45年に新西金沢から移転してきました。写っているのは名鉄から来たモハ3700です。
 この車両どことなく垢抜けしない田舎電車といった風貌ですが馬力があったのでしょうか、山登りには重宝されたみたいです。


昭和38年6月

 昭和38年6月の鶴来駅です。まだ検車庫の移転前で貨車輸送も盛んだった頃です。
 見にくいですが左から貨車の入れ換えをしているモハ1504、サハ2001、ホームに停車しているのはモハ5103です。


道法寺付近

白山下行きモハ5101+サハ1001(昭和38年6月30日)

 今この付近は住宅が建ち並び様相が一変しています。
サハ1001は後に予定通り電動車化されモハ3731になりました。


鶴来駅に停車中の準急野町行きのモハ3711
モハニ1500型の改造車で、Hゴムもお似合いの好ましいスタイルになりました。
昭和52年5月3日