昭和61年6月1日営業廃止

 社会人になって10数年、小松に勤務するまで、まったく利用することのない路線でした。
でも並行して走る道路整備が遅れ短い路線でしたが沿線にある高校生の足として活躍しました。


ミス小松線 モハ3005

 小松線で一番の美人モハ3005です。金石線廃止後モハ3000型は5両全部小松線に配置換えになりました。
 その中でもこの3005だけが張上げ屋根でスマートさを誇っていました。
(昭和56年3月遊泉寺鉄橋)


鵜川遊泉寺駅

(昭和42年11月29日)

 終点です。本当はもっと先まで延長される予定だったそうです。この先路盤がずーっと左にカーブして残っていました。
 私の初代愛車スバル360DX(昭和42年型)新車です。
確か20馬力だったと記憶していますが、よく走りました。4人乗って時速100km出ました。


モハ1601

 金石線からいつの間にやらいなくなったと思ったら、こんなところに来ていました。電装を撤去してサハ代用として使われていました。
 駅構内の配線から見てどういう風に使っていたのか、それとも小松の車庫が一杯になってここに留置していたのでしょうか.


加賀八幡駅

 小松線の中間駅です。ここで交換していました。
駅長さんも配置されていました。この写真では見えませんが駅舎右側には倒壊しないようつっかえ棒がありました。
 レールや枕木が放置されている所には以前側線があったのではないでしょうか。
 いいですねえ、鄙びた駅舎、小さな電車、崩れかけたホーム・・・ホントいい雰囲気でした。


その2へ