白山水系 いわな・やまめ 白山麓で渓流釣りを楽しまれる方へ…

石川県白山白峰漁業協同組合

ニュース

平成28年度、放流実績

平成28年度、白峰漁協単独自主生産白山在来型イワナ稚魚16万匹、ヤマメ稚魚3万匹を、白峰漁協漁区管内各河川に放流いたしました。

白山市白峰小学校全校生徒対象に在来型イワナの紙芝居「白峰イワナの物語」の上演と学童放流体験会を実施いたしました。

プレスリリースはこちら→

白山白峰漁業協同組合前組合長(現顧問)の鶴野俊一郎氏が北國風雪賞を受賞致しました。

プレスリリースはこちら→

シンボルマーク白峰漁協シンボルマークが決定いたしました。

白山水系の清流を元気に飛び跳ねる無斑イワナをイメージしてデザインしました。
白峰漁協における、白山水系の環境を守る取り組みのシンボルとして、今後活用してまいります。
プレスリリースはこちら→

NHKニュースおはよう日本にて、白峰漁協が永年取り組んでいる「白山源流在来型・無斑イワナ」の自主生産技術確立に関する実践と研究成果が「幻のイワナを守る」と題して全国放送されました。

放送内容はこちらからご覧いただけます→

「白峰若葉まつり釣り大会」を大道谷川にて開催いたしました。
遊漁期間中、河川清掃活動を積極的に実施いたしました。

遊漁の禁止事項と禁漁区にご注意下さい。

いわな・やまめとも全長15cm以下のものは釣ることが禁止されています。
    針掛かりした場合は、リリースをお願いします。
釣り竿以外の漁具・漁法は全面禁止となっています。
白峰漁協管内には石川県により禁漁区域が定められています。ご注意下さい。
漁協監察員が常時巡回いたしております。

河川の美化に御協力下さい。

渓流釣りのルールを守り、ゴミ等はお持ち帰り下さいますようお願い申し上げます。



 白山白峰漁協では、白山水系の自然を守り育て、後世に伝え継いでいくため、白山源流在来型イワナの自主生産技術の確立による増殖放流事業を石川県内内水面漁協として唯一、漁協単独事業として永年実施いたしております。
 また、環境教育活動事業の一環としての学童放流事業や自然学校インストラクターによる各種体験型自然学習プログラムの実施、白山水系の自然環境や歴史に関する調査研究、河川清掃活動事業、各種釣り大会等を積極的に実施しています。

更新担当:石川県白山白峰漁業協同組合事務局
鶴野俊哉

All Rights Reserved. Copyright (C)2009 白峰漁業協同組合.