白山水系 いわな・やまめ 白山麓で渓流釣りを楽しまれる方へ…

石川県白山白峰漁業協同組合

プレスリリース

平成29年3月13日 北陸中日新聞朝刊

渓流釣りPRリーフレット

25日解禁で漁協

 白山市内を流れる牛首川でイワナとヤマメの渓流釣りが二十五日に解禁されるのを前に、県白山白峰漁業協同組合はPR用のリーフレットを千部作った。今後、漁券を販売する同市白峰地区の商店や宿泊施設などに置く。
 リーフレットはA4版でカラー刷り。漁券の販売情報や渓流の地図が記されている。白山開山千三百年記念のロゴマークや市天然記念物の白山在来型無斑イワナのイラスト、漁協のシンボルマークも掲載した。
 漁協は昨年十月ごろ、イワナとヤマメの稚魚計十八万匹を放流した。加藤隆夫組合長は「多くの人に白峰地区で渓流釣りを楽しんでほしい」と話した。
 解禁は九月三十日まで。年券五千円、日券千五百円(現地購入は千円増)。(問)白山白峰漁業協同組合事務局076(259)2358

(以上原文引用)

 

新聞記事

平成27年9月7日 北國新聞朝刊

白山のイワナ保存へ紙芝居

新聞記事市天然記念物 在来型の「無斑」紹介
白峰漁協、子どもに周知へ

 白峰漁業協同組合は白山在来型イワナを題材にした紙芝居「白峰イワナの物語」を制作した。在来型イワナの放流事業などに参加した子どもたちに読み聞かせ、白山水系の豊かさと市天然記念物でもある在来型イワナの大切さを伝える。紙芝居は8日、白峰小児童を対象にした学童放流体験会で初披露される。


あす児童に初披露

 紙芝居はA2判で7枚、富山県教育記念館長で絵本作家の伏黒昇さんと白峰漁業協同組合理事の鶴野俊哉さんが合作した。子どもたちが親しみやすいよう色鉛筆などであたたかみのある絵に仕上げた。
 白山在来型イワナの中でも斑点のないことが特徴的な「無斑イワナ」が、自然災害や環境の変化を乗り越え、子孫を育てる筋立てとなっている。
 同漁協では、手取川ダムの建設や地球温暖化による環境の変化などにより、昔から白峰に生息する在来型イワナが絶えることを案じ、約20年前から養殖などを行い、在来型イワナの種の保存に取り組んでいる。
 8日に白峰小で開かれる「白山在来型イワナ学童放流体験会」は、年間約14万匹を放流する同漁協の事業の一環で、紙芝居の上演に加えて、無斑イワナの観察会も実施される。
 紙芝居制作を提案した鶴野理事は「故郷の自然を大切に守り、後世に受け継いでいくためには今の子どもたちの理解が必要。紙芝居がきっかけになってくれればうれしい」と話した。


写真キャプション
白山在来型イワナを題材に制作した紙芝居=白山市白峰


白山在来型無斑イワナ
白山水系最上流部にのみ生息する固有種で白山市天然記念物に指定されている。野生の標準的な大きさは20〜25センチで、体の表面に斑点がないことが特徴。成魚になると緑がかった色になる

(以上原文引用)



平成27年5月26日 北國新聞朝刊

北國風雪賞 一隅を照らす
白峰漁協前組合長 鶴野俊一郎氏

新聞記事白山源流のイワナ守る
漁協復活運動に執念

 白峰のイワナは昔からの純然たる血統を守ってきました。白山源流に生息する「在来型イワナ」で、中には斑点のない「無斑イワナ」という珍しい種類もいます。石川県水産試験場に照会したら、全国で2、3例しかない非常に貴重なものであることが分かったんです。生息する場所は禁漁河川に決めてありますが、知らないで釣りに来る人がいる。守り続けるのは本当に大変なことです。
 <旧白峰村に陳情して、1996(平成8)年には白山源流生息イワナの村の天然記念物指定を実現した。昔ながらの生態系を守りたいとの思いからの運動だった>

終戦直前に解散

 実は白峰漁協は1度つぶれています。終戦直前、世話をしていた人が解散を宣言したんです。専業の漁師もいるのに、もってのほかと思いましたが、当時は若かったので反対してもだめでした。
 <前身の白峰漁協は1900年に政府が漁業法を制定した直後に設立された。中心になったのは祖父の奥左ェ門氏だった。祖父がつくった漁協がなくなった悔しさが復活運動に駆り立てた>
 白峰になぜ漁協ができたかというと、福井県境を越えて釣り人が押しかけてきたことがあります。それを止めるために祖父が奮起したんです。しかし、漁協がなくなったため、1970年代に手取川ダムが造られた時も、漁業者としてものを言うことができず、至極残念でした。

地域を挙げて

 漁協を再び興すには実績が必要と県から言われ、自腹を切るようにしてイワナ、ヤマメを放流し続けました。白峰、桑島区民全員に組合員になってもらい、地域を挙げて訴えた結果、ようやく復活できたんです。漁協が解散してから約40年、執念だったと思います。
 <手取川で発生している濁流は管内の漁場に影響ないものの、内水面漁協に関わる者として早期の終息を願う>
 水の状態によって魚は1日で死んでしまうことがあります。清流の大切さを実感します。今も組合の養魚場を毎日訪れ、稚魚にエサを与えています。漁協をやっていくということは魚をずっと見守るということなんです。
 白峰に釣りにくる人は年間2千数百人になる。それだけの人が楽しんでくれるのは地域の魅力です。いつまでも地域とともにある漁協であることを望みたいですね。


つるの・しゅんいちろう
白山市白峰生まれ、松任農学校卒。県職員時代は県農業試験場栽培部長や河北潟分場長を務める。県を退職後、旧白峰村開発公社常務理事として保養施設「御前荘」の建設や、村観光協会の設立などに関わり、1983(昭和58)年の白峰漁協の設立で中心的な役割を果たした。漁協では専務理事を経て89年に組合長に就任、昨年5月に退任するまで25年間務めた。現在は顧問。91歳。

(以上原文引用)



平成26年8月25日 北國新聞朝刊

環境保全 マークで啓発 白峰漁協 清流、イワナ描く

新聞記事 白山市の白峰漁業協同組合は24日までに、白山水系の自然環境を守る取り組みの一環として、組合のシンボルマークを初めて作成した。ステッカーやバッジを釣り大会などで配布し、自然を大切にする心を養うきっかけにする。
 組合は1990(平成2)年から、市天然記念物の無斑イワナを含む白山水系固有イワナの種の保存や育成、子ども向け自然学習などを通して、環境保全活動に取り組んでいる。
 シンボルマークには、白山を背景に、清流で元気に飛び跳ねるイワナの姿を描いた。県工高工芸科長の鶴野俊哉教諭と同校OBのグラフィックデザイナー田中誠さんがデザインした。加藤隆夫組合長は「白山水系の大自然を守り育て、後世に伝えていきたい」と話した。

(以上原文引用)



平成25年6月25日 NHKニュースおはよう日本

NHK日本放送協会にて、白峰漁協が永年取り組んでいる
「白山源流在来型・無斑イワナ」の自主生産技術確立に関する実践と研究成果が
全国放送されました。


放送内容はこちらからご覧いただけます→



平成24年3月31日 北國新聞朝刊

白山のイワナ守る

新聞記事

白山市白峰で、全国を探してもほかにはいない貴重な種類のイワナが養殖されていると耳にした。調べてみると、呼び名は「白山在来の無斑イワナ」。市天然記念物に指定されていた。霊峰白山の麓の手取川水系に古くからすむらしいイワナに興味が湧き、現地へ向かった。

(森康平)

きょう釣り解禁
白峰漁協 設備自作、養殖に試行錯誤

 在来型のイワナの養殖を手掛けていたのは白峰漁業協同組合。まだ周辺に雪が残る「稚魚育成場」を訪ねると、鶴野俊一郎組合長(88)=同市白峰=が笑顔で出迎えてくれた。

独自の遺伝子

 鶴野さんに聞くと、在来型イワナは体長約20〜30センチで、見た目は斑点が無くて白っぽく、手取川水系独自の遺伝子を持ち、とりわけ神経質らしい。「人慣れせずちょっとのストレスで死ぬから養殖には本当に苦労したんや」。そう話した鶴野さんは元気に泳ぐイワナをいとおしそうに見詰めた。
 在来型イワナの養殖を意識し始めたのは、1979(昭和54)年の手取川ダムの完成後。川の環境が変化し、手取川以外から持ち込んだイワナとの交配で純粋な在来型イワナがいなくなる心配が生まれたことも種の保存を考えた理由だった。
 現在の組合が発足したのは83年で、組合員は稚魚育成場のいけすを木で手作りし、配管など設備も組み立てた。
 「誰もやったことのなかったイワナの養殖」に挑んだ鶴野さんや組合長代理の加藤隆夫さん(70)らは長年試行錯誤し、一定の時間になると自動的に餌が出る「自動餌やり機」も独自に開発したというから大変な情熱だ。

「寝ずの番で」

 「豪雨の日には組合員が寝ずの番をして水の見張りをしてきたもんや」そう振り返った鶴野さんは組合員が心を一つに努力したからこそ養殖が成功したと加えた。
 現在の養殖法が固まったのは10年前。渓流釣りが得意な組合員が手取川で在来型のイワナを釣り上げ、いけすで産卵させることで増殖し、手取川に放流している。
 県水産総合センター内水面センター(加賀市)によると、国内にイワナが何種類いるかは研究者によって見解が違うが、漁協が育てる在来型イワナは「国内無二」で貴重とか。
 遅い白峰の春を告げる白峰漁協のイワナ釣りは31日解禁される。固有のイワナを、地域の人が守り抜こうと努力を重ねる組合員の姿は地域文化を守ろうとする心にも似ていた。

(以上原文引用)

All Rights Reserved. Copyright (C)2009 白峰漁業協同組合.